力が発揮できないとリストラされる?

シンプルに結果が問われる

外資系の会社の体質は、日本の会社と間違いなく違います。日本に進出している外資系は外国に本社を構えるので体質が違うのは当然と言えます。
単刀直入に言うと、力を発揮できないと問答無用に解雇となる可能性が高いです。結果を残せるのであれば契約を更新する、そうでないならば契約は更新しないというシンプルな考え方です。日本の会社は例え結果を残せなかったとしても、途中の頑張る姿などが評価されると解雇にはなりません。しかし外資系は純粋に利益を得る為に日本に進出しているので、人材が頑張ったか否かは関係ありません。結果を残したか否かですし、結果を残せないのであれば結果を残せる人材と入れ替えるだけです。このように、シンプルな考えで人材配置が進みます。

結果を残せば良いだけ

結果を残せなければ解雇されるので、結果を残せば涼しい顔をして会社に残ることができます。しかし、当然結果を残していても社会人として不適切な言動をすれば解雇となります。日本の企業でも同じですが、外資系も上司への反発に厳しいです。
上司の命令は絶対で、確実に従う必要があります。もし従わなければその場で解雇を告げられる可能性があるほどです。もし指示をされることを心地良く思えないのであれば、上司よりも上の立場になれば良いだけです。外資系は実力社会である場合がほとんどなので、年齢や職歴に関係なく結果を残すことができれば上の役職に大抜擢される可能性があります。このように、日本の企業と外資系の体質の違いを理解することが大切です。