お勧めの外資系企業

金融関連の外資系企業は給料が高いが労働時間が長い時がある

金融関連の外資系企業は採用条件が厳しいですが、勤めることができれば高収入を期待できる職業です。休みはほぼ週休二日制となりますが、忙しい時期は残業が多い日が続くこともあります。仕事の内容は職種により異なりますが、日本や海外の為替などの相場チェック、資産家へ金融商品の購入依頼をする場合もあります。働いている年齢層は、20代から40代と若い人が多いのが特徴です。また、個室で働くことが多いので1人で静かに働きたいと考える人に最適な職場かもしれません。あと、精神的に疲れる職業なので、休みの日に身体を動かして気分転換をするといいです。
株式相場が好調続きの時は、日々忙しく給料も高くなる傾向にありますが、逆に株式相場が軟調続きになると仕事も減り給料も下がります。ただ、相場は時間が経てば戻るため、仕事の量と給料もゆっくりと戻っていきます。

情報通信業界の外資系企業は働きやすい

情報通信業界に関する外資系企業は、新聞の折込チラシなどには募集が入らない場合が多いです。募集は主にネットで行っているので、ネットを利用して応募をします。ITに関する知識や資格を所有していると面接の際に強みとなるので、いくつか資格を所得してから面接に行くと採用確率が上がります。入社してすぐの時は、重要な案件などは回してもらえないので、コツコツと地道に仕事をこなしていきます。会社に勤めて数年経過すれば、今迄の仕事の成果が実績として認められるので、大きい仕事に参加することもできるかもしれないです。
給料は初めはそれほど高くないですが、時間の経過と共に徐々に上がっていきます。また、資格や何らかの技術を持つと認められた場合は、給料が一気に上昇することもあります。