英語が話せないと無理?

まず考えるのが英語力

外資系企業で働いてみたい。海外に興味のある人や英語に興味のある人だったら一度は考えた事があると思います。では外資系で働くためには実際に何が必要なのでしょうか?まず最初に思い浮かぶのは英語力ですよね。英語が得意な人であれば是非チャレンジしてみたいと思うのではないでしょうか?でも実際、外資系の企業ではそれほど英語力を求めていません。
もちろん最低限の英語力は必要です。外資系企業の場合は上司や同僚に外国人が多いので、コミュニケーションをとれるだけの英語力は求められます。だだ実際に企業が求めているのは、英語力以外のビジネススキルを持った人です。そう言った自分の強みや武器を持った人間を外資系企業は求めているのです。

外資系企業が求めているもの

外資系の魅力といえば、年齢に関係なく実力次第で思う存分活躍する場を与えられるというところだと思います。当然その分報酬も上がります。外資系企業としては英語力以上に専門知識や経験を求めている場合が多いのです。ですからもしあなたが外資系企業で成功したいと思っているなら、自分のビジネススキルを磨く事です。専門知識や経験以外の事も求められます。それは積極性やコミュニケーション能力といった部分です。いくら能力があってもこういった能力が不足している場合は外資系企業では採用されません。
最低限の英語力は必要ですが、外資系の企業はそれ以外の能力を求めています。英語力に関しては、入社後にいかに英語を身に着けるか。そして
面接時にいかに自分の可能性をアピール出来るかという事の方が重要なのです。

英語で面接とは外資系企業や語学が必要な企業が質問、返答すべて英語で行うものです。英語検定でも1、2級クラスになると二次試験で英語での面接があります。