外資系にぴったりの性格とは?

上昇志向が強く、努力好き

日本にある外資系は、外国に本社を構える企業の日本支店というような具合である。もちろん日本にマーケットを見出してより多くの利益を上げること目的としています。言わば日本に挑戦しに来ている訳なので、社内の雰囲気は活気に満ちていて生き生きしています。日本で利益を上げることができなければ淘汰されるだけですし、その責任は社内の人間がとることになります。
外資系は、その地域で昔から根付いて活動している訳ではないので、いかに良いサービスを提供できるかが重要です。その為には常に上昇志向を持ち、努力しなければいけません。会社同士で昔からの付き合いがあれば利益度外視で取引する場合もありますが、外資系は利益最優先です。

コミュニケーションが得意

外資系なので英会話能力に長けていることが大前提ですが、その上でしっかりとコミュニケーションできないといけません。日本でもコミュニケーションは大切ですが、例えあまり会話しなくても静かな人だと思われるだけです。
しかし、外国人とのコミュニケーションであまり会話をしないと、嫌っているもしくはやる気がないとみなされます。性格の問題で発言できなかったとしても、問答無用で非難されてしまいます。悪い印象を与えてしまうと、その後の話し合いも上手くいきませんのでデメリットだらけです。なので外資系を目指す場合はコミュニケーション能力が必要不可欠ですし、それができなければ結果的に自分の首を絞めて立場を苦しくさせます。

外資系の求人の特徴として、語学力や学歴などが重視される傾向があるため、早期に中途採用の試験の対策を立てることが大切です。